ゆうま(コムドット) の身長や本名は?高校や大学など学歴も!

3 min

最近注目の若手YouTuberであるコムドット。

注目していて見ている人も多いのではないでしょうか。

2018年にYouTubeを始め、今でもチャンネル登録者数180万人と人気YouTuberです。

コムドットはリーダーのやまとさんとゆうたさんが2018年10月に2人で始めます。

そして次に入ったのがゆうまさんです。ゆうまさんはコムドットの中ではボケ担当でファンからの投票で面白い部門で1位です。

そこで今回はコムドットゆうまさんの本名や身長、学歴などを紹介します。

スポンサーリンク


ゆうま(コムドット) の本名や身長体重、年齢などwikiプロフィールまとめ!

  • 名前:ゆうま
  • 本名:浦田 悠馬
  • 年齢:22歳
  • 生年月日:1998年12月14日
  • 出身地:東京都
  • 身長:179.8cm
  • 体重:73kg
  • 血液型:A型

コムドットはあむぎりさん以外本名を公開しています。

ゆうまさんは公表していることから動画内でも時々メンバーから苗字で呼ばれることもあります。

なのでメンバーの中で本名を知られているのではないでしょうか。

ゆうまさんは東京都出身でメンバーのひゅうがさん以外の3人はゆうまさんと小学校が一緒で幼馴染です。

ひゅうがさんとは中学校で一緒になります。

そこでメンバー全員同じバスケ部に所属します。なのでYouTubeでもバスケをしている動画がよくあります。

ゆうまさんの身長ですが179.8cmとかなり高身長です。

コムドットはあむぎりさん以外20代男性の平均身長よりも高いです。

メンバーのなかではリーダーのやまとさん、ひゅうがさんの次に高いです。

がたいもいいので威圧感があるように思われがちです。

ゆうまさんの体重は202年の4月時点で73kgです。

体重はそんなに重くないものの深夜によく食べてしまうこと、またウエストが胸囲より大きく95cmであったことからデブキャラとしてメンバーから扱われています。

確かにお腹周りは気になりますね。

そんなゆうまさんのためにダイエット企画の動画もあります。

バスケや縄跳びをしている姿をみるとかなり動けてデブキャラではないように見えますよね。確かにコムドットの中では太っている方ですが、動けますし、そんな親しみあるキャラもゆうまさんの魅力的な部分なのではないでしょうか。

ゆうまさんはコムドット中で変なキャラクターというイメージがあると思いますが、へらへらしているだけのようですが、裏ではきっちりと仕事をしています。ゆうまさんの血液型はA型ということなので、その辺はしっかりしている性格なのではと思います。

スポンサーリンク

ゆうま(コムドット) の高校や大学など学歴は?

ゆうまさんの高校ですがはっきりと分からなかったものの、ひゅうがさんの生い立ちが分かる動画で高校受験の話の際に、ゆうまさんが拓殖大学第一高等学校を受けようとしたことが分かっています。

行ったかどうかははっきり分かりませんが、拓殖大学第一高等学校も視野に入れていたのではないでしょうか。

ゆうまさんの大学ですが、そちらは公表されており、東洋大学です。

学部は経済学部に通っています。因みに経済学部の偏差値は50.0~57.5です。

頭がいいですよね。へらへらしているキャラクターなのに頭がいいというギャップもゆうまさんの魅力的な部分だと思います。

本来なら今年の3月で卒業できるはずだったのですが、残念ながら単位が取れず留年が決定しております。なので今年5年生として通うことになります。

留年が決まったこともYouTubeで動画になっています。

留年の方向をゆうまさんの母親に報告しているのですが、その時の反応が怒るのではなく、受け入れられ、半年で卒業するといったゆうまさんを応援するような内容でした。

それはゆうまさんがYouTubeに向き合っており頑張っている姿を知っているので大学に関して強く言わななくなったようです。

YouTubeをしながら大学に通うのはそれほど大変だということが分かりますね。

半年で卒業すると宣言しているゆうまさん、無事卒業できると良いですね。

卒業できたかどうかについてもYouTubeやインスタグラムで報告がありそうです。

まとめ

以下コムドットゆうまさんについて紹介しました。

ゆうまさんは変なキャラクターでヘラヘラしているように見られがちですが、実は編集など裏でしっかり仕事しています。

その優しさと面白さがゆうまさんの人気の理由であり、最近ではゆうまさんのファンが増えているのだと思います。

またゆうまさんは歌も上手く、そこも人気の理由です。

これからコムドットが歌など歌うようになったら間違いなく、ゆうまさんが主導となっていくのではないでしょうか。そんな日も訪れるかもしれません。

ゆうまさんの今後の活躍を楽しみにしましょう。

関連記事(一部広告含む)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です