ドクターハッシーの高校や大学など学歴は?wikiプロフィールまとめ!

4 min

医者Youtuberとして活動されているドクターハッシーさん。

①笑って元気になる!②楽しく勉強できる!③いろんな知識ゲット!という3つを掲げ、2020年7月現在12万人を超える登録者数を誇っています。

そんなドクターハッシーさんについて、年齢や本名、高校や学歴などについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドクターハッシーのwikiプロフィールまとめ!

 

 

  • 名前:ドクターハッシー
  • 本名:橋本 将吉(はしもと まさよし)
  • 年齢:34歳(2020年誕生日後)
  • 生年月日:1986年7月28日
  • 出身:東京都小金井市
  • 身長:非公開

 

ドクターハッシーさんの本名は、橋本 将吉(はしもと まさよし)さんです。

YouTubeやツイッターの名前においても、「内科医 橋本将吉」と表記がありますね。

 

年齢は2020年7月28日の誕生日を迎えられた時点で34歳です。

話口調がどこか若々しく、またYouTubeのコメント欄においては「チャラい!」というコメントを寄せられることもあるドクターハッシーさんですが、34歳なんですね。

年齢より若く見えます。

 

生年月日はツイッターのプロフィールにある通り、1986年7月28日です。

誕生月である今月は、プロフィール欄に「今月オイラ誕生日。おめでとう。」と自ら書き足されています。

そんなところもチャーミングでドクターハッシーさんらしいです。

 

ご出身は東京都小金井市です。

小金井市は東京都の多摩地域東部に位置する市です。

ちなみに、現在はご自身の運営されている「医学生道場」の住所が 東京都 新宿区新宿4-3-30-501 となっているので、ご自宅もおそらく都内だと思われます。

大学まで基本的に東京の学校に通われていたようですので、シティーボーイですね。

 

身長はおそらく170センチ強ではないかと思われます。

モーニングルーティーンなどの動画内で登場する冷蔵庫によく似た冷蔵庫の高さが、1213mmという表記でした。

その冷蔵庫が胸くらいの高さに見え、胸から頭まではおそらく40センチくらいあると思われますので170センチ強ではないかと見積もっています。

 

スポンサーリンク

 

ドクターハッシーの高校や大学など学歴は?

 

ドクターハッシーさんは小学校から受験を経験し、1993年に国立学園小学校へ入学されたそうです。

国立学園小学校は東京都国立市にある、JR中央線の国立駅が最寄りの小学校です。

ご出身が小金井市ということだったので、通いやすさもあってこの学校に決められたのかもしれません。

この小学校では、6年次のクラスは「十回テスト」という名物試験で振り分けられたそうです。

小学生の頃から厳しい環境で勉学に励まれてきたことが伺えます。

内部進学率がかなり高い小学校のようですが、ドクターハッシーさんは改めて中学受験をされたようです。

 

中学、高校は、芝中学・高等学校に進学されたようです。

芝中学・高等学校は東京都港区芝公園に位置する有名難関男子校です。

また、高校からの入学はできない、完全中高一貫の学校です。

中間試験や期末試験には熾烈な争いが絶えなかったそう。

さすが難関校ですね、、

また、こんなツイートを見かけました。

メンタルドクター、Sidowさんとコラボされた際のツイートです。

ここで「自分の高校・浪人時代の共通の知り合い」がいたと書かれていました。

やはりレベルの高い学校の出身だと、医者の共通の知り合いが多いのかもしれませんね。

 

大学は1年間浪人されたのち、杏林大学医学部医学科に入学されました。

当時は自称「医学マニア」だったと語るドクターハッシーさんは、3年生で国家試験の学習を終えていたそう。

どれほど意欲的に、そして自発的に勉強されていたのかが伺えます。

また大学では7つの部活に所属されていたそうで、ラグビー部とESS部を中心に、軽音部、ウェイトトレーニング部、電子工学研究部、、東洋医学研究会、フットサル同好会などに参加されていたそう。

医学部というだけで忙しそうなのに、部活動も精力的にされていたなんすごい、、

 

またラグビー部では関東医歯薬ラグビー一部優勝し、他にもスペインへ留学するなど、本当に活動的だったようです。

さらに驚きなのが、既にこれほど忙しいにもかかわらず、夜はホストをしていたんだそう!

YouTubeでのトーク力や、チャラいと言われる所以はここにあるのかもしれません。

一方で普通のアルバイトとして大手予備校、個別指導塾や家庭教師を経験したそうです。

その際、一人一人に合わせた学習のメリットを強く感じ、大学のある東京都三鷹市を中心とした地域密着型の中高生向けの家庭教師塾を開業したそう。

これが現在運営されている医学生道場の先駆けのようです。

この塾の開業に関して下のツイートのように語られていました。

 

起業が逃げだなんて、頭の良い人の考えることは奇想天外です。

またこんなこともツイートされていました。

 

 

大学時代のご友人とは仲が悪かったようですが、それでも自分のやりたいことはブレずに貫かれたことが、ドクターハッシーさんを成功へと導いたのでしょう。

2012年に杏林大学医学部医学科は卒業されていますが、その後も2014年まで、地域医療、救急医療、外科、精神科を中心に、小児科、麻酔科、循環器内科等の主要分野の研修のために、北海道八雲総合病院にて臨床研究をされていたようです。

大学を卒業しても学び続ける姿勢が素敵ですね。

 

まとめ

以上、ドクターハッシーさんについて書いていきました。

彼の勤勉さと、本当に医学が好きなんだということがひしひしと伝わってくる調査結果でした。

新しい病気が次々と出てくる現代で、それに負けない知識を楽しく学ぶために、「医学マニア」のドクターハッシーさんの動画を是非チェックしましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です